社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

基本理念

住民の誰もが「個人として尊重され」、「自立し」、「支えあえる」まち・世田谷

世田谷区社協は、世田谷がこのようなまちになってほしいと考えます。

世田谷がそのような「まち」となるよう、世田谷区社協は次の点に取り組みます。

 

具体的な取組み

(1) 地域の人どうしが支えあえるような仕組みを作ります

皆さまが地域で安心して暮らすために、福祉サービスは必要な要素の1つと言えます。 行政や民間の福祉サービスが充実していることは、安心感につながります。しかし、福祉サービスが充実していればそれで十分でしょうか?

「困ったときは身近な人どうしで支えあう」「できる事は自分たちで」そんな地域の関係も大切ですね。福祉サービスが全てをカバーしてくれるわけではありません。

世田谷区社協は、このように地域の方が支えあって暮らせるよう、「支えあい」の仕組みづくりを、様々な事業を通じて行います。

 

(2) 安心して地域で暮らせるよう、福祉サービスの充実度・質を高めます

前述したように、福祉サービスの充実は安心して地域で暮らすために必要です。行政や民間企業が行う福祉サービスと同じく、社協でもそのために必要な福祉サービスを行っています。

既存の福祉サービスでは対応できない内容や、その時代に必要とされるサービスを行うことで、いつまでも安心して暮らせるまち・世田谷を目指します。

 

(3) 福祉団体や機関の連携の輪を広げます

3つめの取り組み。
それは、各福祉団体や関係機関どうしのネットワークを広げる活動です。

世田谷区内だけでも、各福祉分野の団体や関係機関、NPO、ボランティアグループなどなど、たくさんの方が福祉に携わっています。世田谷区社協は、これら多くの団体・機関がうまく連携をとることが、よりよい世田谷につながると考えます。

 

世田谷区社協は、これまでご紹介した取り組みを柱に、住民の誰もが「個人として尊重され」、「自立し」、「支えあえる」まち・世田谷を 目指します。

しかし、社協だけがこの取り組みを行うわけではありません。世田谷のみなさんと一緒に行っていくものです。

みんなでより良い世田谷のまちを作っていきましょう。

ページトップへ