社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

令和2年度 世田谷区区民成年後見人養成研修 受講生募集説明会

お知らせ
この記事はバックナンバーです。掲載期間が終了しています。

成年後見制度は、認知症や障害などにより判断能力が不十分なため、
自分一人では契約や財産の管理などをすることが難しい方を支援する制度です。

世田谷区及び世田谷区社会福祉協議会成年後見センターでは、
「地域住民による地域の支えあい」の考え方に基づき、
区民が親族以外の近隣住民の成年後見人となる「区民成年後見人」(※)を
養成しています。

令和2年度第14期生の募集にあたり、下記チラシデータの通り説明会を開催致します。

令和2年度 世田谷区区民成年後見人養成研修 受講生募集説明会チラシ

 ●養成研修受講申込書は説明会に参加された方に配布いたします。
 ●養成研修の受講生は、書類と面接の選考の上、決定いたします。


※「区民成年後見人」は、家庭裁判所の選任を受け、成年後見人として、
 成年後見センターの監督のもと、本人(原則として世田谷区民)の生活の支援、
 財産管理等を行います。

成年後見センター

ページトップへ