社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

後見・保佐・補助制度の概要について

法定後見制度は、判断能力に応じ「後見」「保佐」「補助」の3つの類型に分かれます。

後見とは

 認知症、知的障害、精神障害などにより、常に自分ひとりで判断ができない状態にあり、日常生活に常に支援が必要な方を援助するために、家庭裁判所が後見人を選任する制度です。後見人は本人に代わり、介護の契約を結んだり(代理権)、本人の行った契約で不利益になるような契約を取り消したり(取消権)することができます。

 

保佐とは

 認知症、知的障害、精神障害などにより、時々自分ひとりで判断ができない状態にあり、日常生活のかなりの部分で支援が必要な方を援助するために、家庭裁判所が保佐人を選任する制度です。保佐人は、保佐開始の審判を受けた本人がする一定の重要な行為に同意したり(同意権)、本人が保佐人の同意を得ないでした不利益な契約を取り消したり(取消権)することができます。また、本人の同意を得た上で、家庭裁判所から付与された代理権の範囲で、本人に代わり契約を結んだりするなどの権限を持つことができます。

補助とは

 認知症、知的障害、精神障害などにより、物事によっては自分ひとりで判断ができない状態にある方を援助するために、家庭裁判所が補助人を選任する制度です。補助人は、補助開始の審判を受けた本人が望む一定のことについて、同意したり、取り消したり、代理することができます。補助の制度を利用する場合は、申立て時に、同意(同意権)、代理(代理権)できる事柄の範囲を決める必要があります。

●同意権・取消権

・成年後見人等は、本人のした行為について取消権がありますが、日常生活に関する行為は取り消すことができません。

・本人が保佐人や補助人の同意を要する行為について、同意を得ないでした場合は、本人も保佐人・補助人も取り消すことができます。ただし、日常生活に関する行為は取り消すことができません。

●代理権

・成年後見人等は、付与された代理権の範囲で、本人に代わって契約などの法律行為をします。

成年後見センター

ページトップへ