社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

奥沢地区社会福祉協議会

  • 区域:東玉川1~2、奥沢1~3
  • 会長:近造 廸夫

奥沢地区社会福祉協議会は、「世田谷の奥座敷」といわれる奥沢地区(奥沢まちづくりセンター管内<東玉川1~2、奥沢1~3>)とその周辺地域を範囲として、平成19年3月27日の設立総会以来、地区社協推進員が一体となって、地区社協活動のPRや福祉啓発活動、福祉体験学習(小学校)などに積極的に取り組み、さらに、広報紙『おくさわココロン』の発行等を通じ、地区社協の広報活動につとめています。

基本目標

推進員の拡大を図り、全員参加型の事業運営を目指す。


主な活動内容

社協会費の募集活動(7月・8月は募集強化月間です)

組織基盤の強化と地区社会福祉協議会(略称「地区社協」)の活動の周知のため、地域の関係団体の協力を得て、社協会費の募集を行います。地区社協の大きな財源となりますので、ご理解とご協力をお願いします。会員になっていただいた方には「会員の証」シールをさし上げています。

福祉体験学習の推進、小学生福祉体験見学会

地区内の2箇所の小学校と連携し、福祉体験学習を実施。そして、体験した小学生をつれて東京都障害者総合スポーツセンターで、選手との交流や障害者スポーツ体験を行っています。学校、PTA、当事者との連携を大切にしています。

 IMG_0024.JPG IMG_0028.JPG

ココロン椅子の設置

「疲れたら、ココロン椅子でひとやすみ」。地域の方々にココロン椅子を置いていただいています。駅や病院までの道のりで、疲れたら座っていただくための椅子です。小さな小さな交流スペースになっています。

 IMG_0105.JPG

インボディ測定

健康は身体のセルフチェックから。「健康と福祉のまち・奥沢」を旗印に、東京明日佳病院のロビーをお借りして、年2回開催しています。

 DSC05647.JPG DSC05650.JPG

奥沢駅前音楽祭、歳末チャリティ餅つき大会、奥沢地区祭礼、新春奥沢地区まつりへの参加

各種イベントへの参加・共催を通じて、福祉の輪を広げています。

DSC05598.JPG IMG_0012.JPG IMG_0304.JPG

地区社協活動や地域の福祉の啓発、広報紙の発行

年間3回「おくさわココロン」と題した広報紙を発行しています。地区の催し物情報も好評です。

歳末たすけあい・地域支えあい募金活動(毎年11月下旬から12月に実施)

世田谷区社協が実施する募金活動に協力し、地域のたすけあい・支えあい活動を普及・促進します。

玉川地域社会福祉協議会事務所

ページトップへ