社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

松原地区社会福祉協議会

  • 区域:松原1~6丁目
  • 会長:上原 繁

松原地区は松原1~6丁目からなっており、世田谷区の北部に位置し北は杉並区と接しています。
京王線、井の頭線、東急世田谷線、小田急線に囲まれており、交通の便は良好といえます。松原地区の南には、北沢警察、北沢税務署、消防署松原出張所、総合福祉センタ-、羽根木公園などがあります。

松原地区社協は、地区にお住まいの方々の生活課題や福祉課題に対して、住民同士が協力しあい、解決に向けて取り込む住民組織です。
地区社協は、民生・児童委員協議会、町会・自治会、日赤奉仕団、青少年地区委員会、身近なまちづくり推進協議会、松原あんしんすこやかセンタ-の方々で構成されています。運営委員、地域福祉推進員の37名で運営され、総会、運営委員会(拡大)等を開催し、地区社協の円滑な事業運営に努めています。

基本目標

(1)松原地区社会福祉協議会(略称「地区社協」)の活動を地区内に周知し、会員制度に対する理解を深める。
(2)社協活動に携わる新たな人材の育成を推進し、今後の活動の進展を図る。
(3)地区内の状況把握に努め、住民に必要な地域福祉事業を展開する。


主な活動内容

社協会費の募集活動(7月・8月は募集強化月間です)

組織基盤の強化と地区社協の活動の周知のため、地域の関係団体の協力を得て、社協会費の募集を行います。地区社協の大きな財源となりますので、ご理解とご協力をお願いします。

地域交流事業

地区の行事に地域福祉推進員が積極的に参加して、世代間交流を図ると共に、地区社協のPRを図ります。

・歩こう会・・・身近なまちづくり推進協議会と共催で、年2回実施します。

・昔あそび・・・松原小学校の授業(年1~2回)、松原小学校デイキャンプ(年1回)等へ推進員がおもむき、昔あそび(折り紙、剣玉、こま、綾取り、将棋等)を教え交流を図ります。

 

・ふれあい小動物広場・・・子供達が小動物にふれあう機会を作り、親子で参加してもらうことで子育て世代の交流の場を作ります。

 

・松原落語会・・・落語を開催し、地域住民相互の交流や地区社協への理解を図ります。

 

・介護者交流会・・・介護をしている住民を対象に、日ごろの労苦をねぎらうと共に、お互いの情報交換や交流を図ります。

 

広報活動

地区社協の事業紹介や地区内の福祉情報などを掲載した広報紙を作成・配布し啓発を図ります。(年2回発行予定)

「誰でもベンチ」事業

外出途中で高齢者、障害のある方等誰もが気軽に休憩できる「誰でもベンチ」を地区内に設置しています。

歳末たすけあい・地域支えあい募金活動(毎年11月下旬~12月に実施)

世田谷区社協が実施する部金活動に協力し、地域のたすけあい・支えあい活動を普及・促進します。

北沢地域社会福祉協議会事務所

ページトップへ