社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

梅丘地区社会福祉協議会

  • 区域:豪徳寺1・2丁目、梅丘1~3丁目、代田1~3丁目
  • 会長:田中 京子

梅丘地区は、北沢地域の梅丘まちづくりセンター管内(梅丘1~3丁目、豪徳寺1・2丁目、代田1~3丁目)をエリアとしています。最寄り駅は、小田急線・世田谷代田駅/梅丘駅/豪徳寺駅です。2月には、梅丘駅周辺は、羽根木公園の梅まつりで賑わいます。
地形の起伏と環状7号線で大きく分けられているところが特徴です。その特徴をいかして、梅丘地区社協では、エリア別に交流会を開催し、皆様よりご好評いただいております。
平成19年4月に設立し、運営委員会(7つの地区からの代表、民生・児童委員協議会、日赤奉仕団、町会、青少年地区委員会、梅丘あんしんすこやかセンターなどからの委員19名で構成されています)で活動の検討を行い、71名の地域福祉推進員により事業を実施しています。

基本目標

(1)地域福祉推進員と会員が協力して、地区の実情にあった活動に取り組みます。
(2)梅丘地区社会福祉協議会(略称「地区社協」)の活動を地区内に周知し、会員加入を働きかけ、地区社協のPRを行います。
(3)住民が気軽に社協事業に協力、参加できる方法を研究し、課題解決に向け取り組みます。
(4)地区内の身近な交流を活かし、広く住民同士のつながりを深めます。


主な活動内容

会員会費の募集活動(7月・8月は募集強化月間です)

組織基盤の強化と地区社協の活動の周知のため、地域の関係団体の協力を得て、会員会費の募集を行います。地区社協の大きな財源となりますので、ご理解とご協力をお願いします。

広報紙発行

地区内の福祉情報や地区社協事業PRのために、広報紙「みちしるべ」を年2回発行しています。

エリア別交流会

身近な場所での親睦を図るため、地区内を5つ(豪徳寺、山下、梅丘、代田、代田東)のエリアに分けて、それぞれのエリアごとに交流会を企画し、開催しています。

  

  

推進員研修会

地区社協の充実を図るため、研修会を開催します。

地区活動団体と協働して行う事業

地区内の活動団体が行っている事業に賛同し、地区社協として参画するとともに、事業経費の一部を助成しています。
毎年、地区内の小学校(城山小・山崎小)や地域(花見堂地域)で行われるまつりに参加しています。

  

その他、しろやま倶楽部フェスティバルにも参加しています。

歳末たすけあい・地域支えあい募金活動(毎年11月下旬から12月に実施)

世田谷区社協が実施する募金活動に協力し、地域のたすけあい・支えあい活動を普及・促進します。

北沢地域社会福祉協議会事務所

ページトップへ