社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

赤い羽根共同募金 地域福祉活動団体配分(B配分)(平成29年度申請平成30年度使用分)

募集

目的
世田谷区内で集められた赤い羽根共同募金を原資に、区内の地域をとりまく様々な福祉課題の解決や、区民同士の交流促進などに取り組む団体を支援するための制度です。

対象
上記の目的で、“地域福祉活動を行う団体の増加と自立”を支援するため、助成の対象を他の助成制度を使用しにくい地域密着型の小規模な団体としています。
田谷区内で活動している①法人格をもたない団体、②福祉活動を目的としたNPO法人とします。
なお、社協が実施している他の助成金の交付を受けている団体または申請時点で活動実績の無い団体(次年度に設立・事業開始を予定している団体)は、この助成の対象になりません。
※営利、政治、思想及び宗教活動を目的とする団体、反社会的勢力と関係のある団体はいかなる場合も申請の対象となりません。

助成対象事業
平成30年4月1日~平成31年3月31日までに行う、地域福祉の推進に資する事業

(1)区民同士の交流促進に資する事業 申請上限額:10万円以内
  
①区民を対象とした交流・学習・イベント・会食など
  
②区内施設の利用者家族会等が実施するイベント・研修など

(2)テーマ別重点推進事業 申請上限額:30万円以内
  
①福祉的な支援が必要な方の早期発見・解決に資する事業
    
例:支援機関・団体のネットワークづくり、見守り活動(子ども、高齢者、障害者)など
  
②若者の社会参加や多世代交流を促す多様な居場所づくり事業
    
例:地域の縁側づくり・フリースクール・コミュニティカフェなど
  
③災害(激甚災害)における区内避難者の孤立解消に資する事業
    
例:区民との交流促進・生活支援など
  
④地域福祉の新たな担い手の発掘やスキルアップを目的とした研修・広報事業
    
例:区民を対象とした研修・講演会、意識啓発目的の冊子づくりなど
  
⑤地域福祉を進めていく上で他団体と共催で開催する事業
    例:成果発表会、合同研修会、イベントなど
  ⑥その他、今日的なニーズに対応した事業

(3)調査研究事業 申請上限額:30万円以内
  
ニーズ把握・新たなサービス創出を目的とした調査研究事業
   
例:区民や事業者への聞き取り調査・郵送調査など

※「申請事業費」の75%(申請事業費とは、総事業費から参加者負担金を引いた額)もしくは上記のいずれか低い額が申請上減額となります。

(詳細は、「申し込みの手引き」をご覧ください)

申請方法
申請書に必要事項を記入のうえ、会則、規約及び前年度決算書・事業報告書等、世田谷区共同募金配分推せん委員会が必要と認めるものを添えて、所定の期日までに提出してください。
※初めて申請される方は、次年度の活動計画書を添えてご提出下さい。

申請期間
平成29年9月15日(金) ~ 11月15日(水) 

事業報告
事業終了後30日以内に実績の報告をしていただきます。

申し込み先
世田谷地域社会福祉協議会事務所   3419-2311
北沢地域社会福祉協議会事務所    5465-7541
玉川地域社会福祉協議会事務所    3702-7777
砧地域社会福祉協議会事務所      5727-6101
烏山地域社会福祉協議会事務所    5314-1891

事前説明会
日時:平成29年9
月28日(木)午前10時~11時
場所:世田谷区社会福祉協議会3階研修室(成城6-3-10成城6丁目事務所棟)
 ※ 事前のお申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

必要書類は以下からダウンロードしてください★

申込みの手引き
申請様式
申請様式記入例

(参考)
地域配分(B配分)の推せんにかかる基準
地域配分(B配分)対象とする施設・団体及び事業
平成29年度共同募金配分要綱(抜粋)

地域福祉推進係

世田谷地域社会福祉協議会事務所

北沢地域社会福祉協議会事務所

玉川地域社会福祉協議会事務所

砧地域社会福祉協議会事務所

烏山地域社会福祉協議会事務所

ページトップへ