社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会

沿革

昭和27年(1952年) 12月 世田谷、玉川、砧の各地域に任意団体の社会福祉協議会が発足
昭和39年(1964年) 2月 社会福祉法人世田谷福祉地区社会福祉協議会が発足、社会福祉法人玉川社会福祉協議会発足
昭和44年(1969年) 3月 社会福祉法人砧地区社会福祉協議会発足
昭和61年(1986年) 10月 社会福祉法人世田谷区社会福祉協議会設立、老人休養ホーム「ふじみ荘」(上用賀)の受託経営開始
平成4年(1992年) 4月 福祉喫茶「YOU・遊」開店(赤堤・松沢出張所内)
平成5年(1993年) 10月 老人福祉センター「厚生会館」(豪徳寺)の受託経営開始、福祉喫茶「ぷらたなす」開店(松原・総合福祉センター内)
平成6年(1994年) 5月 福祉喫茶「桜ん房」開店(成城・砧図書館内)
平成7年(1995年) 4月 福祉喫茶「どんぐり」開店(南烏山・世田谷文学館内)
平成8年(1996年) 6月 「世田谷区住民活動計画」策定
平成10年(1998年) 5月 ふれあい・いきいきサロン事業開始
6月 地域支えあい活動拠点「小林ふれあいの家(瀬田5丁目)」開設
平成11年(1999年) 10月 地域福祉権利擁護事業開始
平成12年(2000年) 4月 世田谷ふれあい公社を統合、ふれあいサービス事業開始、人材育成研修事業開始、世田谷区配食サービス事業(高齢者・障害者)の受託運営開始、支えあいミニデイ事業開始
平成13年(2001年) 4月 権利擁護センター「あんしん世田谷」設置、「新・世田谷区住民活動計画」(FIPS)策定
9月 子育てサロン事業開始、ふれあい子育て支援事業開始
平成14年(2002年) 4月 福祉学習支援者養成講座開始、成年後見連絡会開始
12月 第1回ふれあい・いきいきサロン全国サミット開催
平成15年(2003年) 4月 老人福祉センター「老人会館」の受託経営開始、世田谷区老人大学の運営開始
9月 第1回地域福祉推進大会開催(以降、毎年開催)
12月 「世田谷区社会福祉協議会改革プラン」策定(地区社会福祉協議会あり方検討委員会)
平成16年(2004年) 2月 第2回ふれあい・いきいきサロン全国サミット開催
3月 「世田谷区社会福祉協議会改革プラン実施計画」策定
10月 産前産後等援助サービス開始、入院患者サービス開始
平成17年(2005年) 3月 「新・世田谷区住民活動計画」一部改定
4月 5地域社会福祉協議会事務所開設【世田谷・北沢・玉川・砧・烏山】
10月 世田谷区成年後見支援センターの運営
11月 地区担当制の導入
平成18年(2006年) 4月 指定管理者として、ふじみ荘、老人会館、厚生会館の区立福祉施設の経営開始
平成20年(2008年) 4月 世田谷区内 全28地区社会福祉協議会発足
平成21年(2009年) 3月 地域支えあい活動拠点「上北沢ふれあいの家(上北沢3丁目)」開設
平成22年(2010年) 3月 「第3次世田谷区住民活動計画」策定、会員会費見直し検討報告書」作成(社会福祉協議会改革推進委員会)
平成23年(2011年) 4月 世田谷区共同募金配分推せん委員会の設置、新社協会員会費制度の導入(普通会員を一般会員に改称、法人会員を新設)
平成24年(2012年) 3月 老人休養センター「ふじみ荘」の指定管理終了
平成25年(2013年) 4月 「世田谷区成年後見支援センター」を「成年後見センター」へ改称
平成26年(2014年) 4月 「ぷらっとホーム世田谷」開設
平成27年(2015年)

3月 「第三次住民活動計画」改訂、ひだまり友遊会館(老人福祉センター「老人会館」)の指定管理終了、世田谷区立「厚生会館」閉館、世田谷区配食サービス事業(高齢者・障害者)の受託運営終了
4月 「世田谷区ファミリーサポートセンター」開設
7月 世田谷区ファミリー・サポート・センター事業の受託運営開始、介護予防・日常生活支援総合事業の受託運営開始

平成28年(2016年) 4月 「日常生活支援センター」開設
ページトップへ